ミニシアター(単館系映画館)の魅力

yun_14111

映画離れが進んでいるといわれ、映画館に足を運ぶ人も少なくなってきているようです。

 

イオンなどに併設されている大きなシネコンには、子供連れの家族やカップルなど多くの層を呼び込む宣伝力や場所の良さ、上映映画の幅広さなどがあるので、結構人は入っているように見えます。

しかし、ちょっとマニアックな映画ばかりを上映しているミニシアターは、年々閉館している映画館が多いようです。劇場の収容人数も宣伝力もシネコンに比べて弱く、興行収入も採算が取りにくいのかもしれません。

 

でも、ミニシアターにはミニシアターにしかない大きな魅力があります^^

狭い小さな劇場は、大きな映画館にはない独特の密集したお客さんたちの作り出す空気感のようなものがあり、映画の内容をより濃くしてくれるのです。

そして、あらかじめ座席を予約して開演ぎりぎりに行っても大丈夫なシネコンとは違い、開場前に並んで中に入ると早いもの勝ちで座席を確保しなければならない昔ながらのスタイルの映画館が多いのですね。

映画が始まる前の座席の確保や、上演までの時間にパンフレットをじっくり眺める時間も、楽しみのうちではないでしょうか。

しかも、ミニシアターはお一人様のお客さんも多く、自分の時間をゆったりと楽しんでいる人が多いのです。なので、たまには一人きりで誰に気をつかうでもなく過ごせる貴重な時間でもあります。

 

わいわい家族や友人との映画も良いですが、たまにはミニシアターで一人映画もいかがでしょう?

愛すべきおバカなB級映画!タランティーノ監督作品『レザボア・ドッグス』

ダウンロード (4)

 

オープニングから早速、下ネタとオタクな会話ではじまるこの『レザボア・ドッグス』

タランティーノ映画が好きな人にはおなじみの感じですが、なんとなくかっこいい風だからとジャケ借りしてはじめて目にした人は、観る映画を間違ったかもしれないと思うでしょう。

 

そこで観るのをやめておけばよかったかもしれません。

この先に待っている展開は、それどころではない超B級なバイオレンスな世界なのですから(笑)

でも、タランティーノ映画は熱狂的なファンが多いことからも分かるように、一度観るとクセになってしまうやみつき感があるのです(あくまで一部の人ですが・・・)

 

私は、『プラネット・テラー』『デス・プルーフ』などタランティーノ映画をいくつか観たことがります。この人の作品を観ていつも思うのは、バイオレンスやスプラッターがいきすぎると一種のシュールな笑いが生まれるのだということです。

タランティーノの独特のセンスが光る演出により、ただのおバカ映画になりそうな物語が格好悪いを行き過ぎて格好いい超B級映画になっているのです!

これって、すごいですよね(笑)

夫婦でDVD鑑賞にオススメ!ブラッド・ピット&アンジェリーナジョリー主演『Mr&MsSmith』

ダウンロード (3)

 

私生活でも夫婦である、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演の『Mr&MsSmith』

とにかくこの絵になる二人が繰り広げるのは、クールでちょっとおかしくて痛快なアクションなのです^^

 

設定は夫婦揃って実はスパイ!というびっくりな設定。

ブラピとアンジーはきっとこの頃からとても仲が良かったんだろうな~!ということが画面越しにも分かるくらい、息が合っていてとても見ごたえもあります。

二人のファンならもちろんですが、この映画は最近ちょっと関係がマンネリ気味になってきている夫婦にはぜひとも観てほしい作品ですね。

夫婦の愛のかたちや、アクションの刺激などがとてもいい感じで盛り込まれていて、鑑賞後はスッキリしつつももう一度夫婦お互いの存在について話せたり考えたりできるはずです。夫婦マンネリ防止にもなるはずです☆

 

アンジーがとても美しくて、ブラピもかっこよくちょっとかわいらしいところも見どころ^^

気負わずに気楽に、休みの日にでもゆっくり夫婦どちらかが誘ってDVD鑑賞会などオススメです!

 

【追悼】数々の映画で名演技を見せてくれたフィリップ・シーモア・ホフマン

img_0

今年の2月、ハリウッドの名優フィリップ・シーモア・ホフマンさんが46歳の若さで亡くなられました。

 

この方の映画は『カポーティ』や『ダウト』くらいしか観たことはないのですが、本当に印象に残る演技をする方で、すごい俳優さんだったと思います。

怪演を見せてくれる名脇役的存在でもあり、主演をしても惹きつけられる多くの魅力を持った貴重な俳優だったはずです。

『カポーティ』で主演をしたときは、作家カポーティの微妙で繊細な心理を圧倒されるくらい見事に演じていました。この映画を観たときから、この人は誰だろう?と気になって彼の存在を知ったのです。

 

もう、彼の出演する映画を観ることができないのが本当に悲しいです。

栄光の裏側には、きっと抱えきれない苦しみや寂しさを抱えておられたのかもしれません。

亡くなられたのはとても悲しいことですが、彼の出演した映画たちは後世にもしっかり残っていくので、いつでもスクリーンの中の彼には会うことができます。

 

追悼の意味を込めて、ここに記してみました。

私は何度も、きっと彼の作品をこれからも観るでしょう。

 

ドラマ『MOZU』にも出演中!注目の若手俳優、池松壮亮くんがすごい

73766

 

若手俳優の池松壮亮くんをはじめてみたのは、映画『愛の渦』でした。

映画自体が割と過激な内容だったこともあるかもしれませんが、色んな意味での池松くんの体当たりの演技に圧倒されたことを覚えています。

気になる!この人は誰・・・!?

 

と思っていたら、人気ドラマMOZUに主役クラスの大役で出ているではありませんか!

しかも一人二役の、深い闇を背負った殺人鬼。

なんだかこの人の演技には、とてもリアルで妙な説得力があるような気がします。立っているだけでも、ちゃんとその役として生きているように映る。すごい。

『愛の渦』演じていた、普通のモヤモヤを抱えた青年とはまったく違った役。まるで違う役者がやっているような、そのまま役が憑依したような。

 

何かのドキュメンタリー番組で「彼の演技には爆発力がある」と表現されていたのですが、本当にその表現はぴったり。

静かな見た目とは裏腹に、マグマのように沸々としたエネルギーを内側に秘めている、そんな感じです。

 

彼の出演作品は、きっとこれからチェックしてしまうでしょう。

 

 

バナナマン・おぎやはぎ・ラーメンズの夢の共演!抱腹絶倒『ライヴ!!君の席』

21NQNBB18NL._AA160_

今はもう3組とも有名になっていて、バナナマンとおぎやはぎは主にテレビで、ラーメンズは相変わらず舞台でそれぞれ活躍しています。

この『ライヴ!!君の席』は、2002年に3組のお笑いの天才たちが共演したお笑いライヴです。

 

今観ても、何度観ても本当に面白いんです。

6人がそれぞれに個性的で、自分のキャラを生かして絶妙なバランスでコントが繰り広げられます。

私は、ラーメンズが好きだったことがきっかけでこのDVDを手にしたのですが、鑑賞中は思わず声を出して笑ってしまうくらい良い意味で馬鹿馬鹿しくて、本当に面白い^^

 

6人のお笑いへの愛と、良い作品を作るという意気込みも感じます。

クオリティの高いお笑いライヴは、何度観ても面白いし鑑賞後にまたもう一度観ることになるだろうな~!という気持ちにさせてくれるのです。

ラーメンズの舞台も良いけれど、3組一緒にやるライヴもまた新鮮で見たこともない新しいものを見せてくれます。

 

シュールなお笑いが好きな人には、本当におすすめな一本です^^☆

 

鑑賞後も映画を何倍も楽しむ方法

Flower1-007

映画は誰かと一緒に観に行く方が好きですか?

それとも、一人でじっくりゆっくり観に行く方を好みますか?

 

私は、映画によってそれぞれですが、どちらかといえばミニシアター系映画を好むため、趣味が偏った作品を観ることになるので一人で行くことが多いかもしれません。

でも、ちょっとマニアックな作品が好きな友人とは、たまに一緒にミニシアター映画を観に行くこともあります。そして、鑑賞後にカフェに入って観た作品について熱く語り合います。

とっても印象に残る作品に当ると、本当に何時間でもその映画について語っていますね(笑)その時間は本当に幸せな時間で、映画を楽しめた上にさらに楽しめる!という感じなのです。

 

一人で鑑賞した時は、良い作品に出会うと鑑賞後にやっぱりカフェに入ります^^

そして、映画のいろんな場面を思い出しながら、カフェラテ片手に余韻に浸ります。

かなり良かった~!と感じた映画に出会うと、誰かにそのことを話したくてたまらなくなることもあるので、その時は友人にメールしたりブログに書いたりしてとにかくアウトプットしますね☆

 

映画を観てとても感動したら、とにかくそれをアウトプットすること。

そうすることで、何倍もその映画について自分の思いをめぐらせるので、何倍も作品を深く味わうことができるのではといつも思うのです。

 

楽しみ方は自由だし、どんな風にでも楽しめるかとは思いますが、これもひとつの楽しみ方かなと思います^^

アイドルの自殺の真相は!?男5人が繰り広げる密室コメディ『キサラギ』

ダウンロード

売れないアイドル如月ミキの一周忌に集まった、ファンサイトで知り合った5人の男たち。

本名も何も知らない同士の怪しい男たちが、如月ミキの自殺の真相をめぐって繰り広げる密室劇です。

 

その中の一人が「彼女は自殺したんじゃない、殺されたんだ!」と言いだし、そこから物語は犯人探しへと展開していくのですが、事実が明らかになっていく程に誰もが思いもしなかった驚愕の真相にたどり着きます。

映画なのに場面はほとんど変わることのない会話劇ですが、達者な役者さん演じる男たちの会話はどんどんと意外な方向へ展開していくので飽きることなく最後まで引っ張られます!

 

え?

え!!?

おおおお!!!

という感じで次々に謎が出てきて、最後にたどり着く真相は本当に驚くべき真相なのです^^

私はこの作品を映画館まで足を運んで観に行きましたが、笑ってちょっと感動してドキドキして、なんだかとても上質の作品を楽しめた気分になりました。

何度でも観返したいと思える、素敵な作品です。

 

この『キサラギ』はもともと舞台で上演されていたものらしく、舞台バージョンも再演などされていたようですね。

演劇鑑賞が好きな方は、きっと映画もかなり楽しめるのではと思います☆

19歳の監督が実話をもとに描く問題作!若者の苦悩を描く『明日、君がいない』

ダウンロード (2)

オーストラリアの当時19歳のムラーリ・K・タルリ監督が、自信の親友の自殺を経験し、その経験をもとに描いた問題作ともいえる作品です。

 

登場人物の6人の男女は、一見普通に見える若者たちなのだけれど、実はそれぞれに人には言えない苦悩を抱えています。

家庭の問題、性差別、身体障害など、人それぞれ実は深い傷を持っています。

この中の誰かが自殺する・・・?

物語はミステリーの要素があり、「一体誰が?」という気持ちを鑑賞者に持たせます。そして、それぞれの視点の入れ替わりがありながら物語はどんどん進んでいきます。

 

そして、2:37にその「誰か」は自殺してしまいます。

「なぜあの人が?」

「そんな風に見えなかったのに。」

「悩んでいるようには見えなかった。」

周囲の人は口々に言います。

けれどその「誰か」は、実はとても壊れやすい繊細な心を持っていました。誰にも自分の弱さをさらけ出すことができず、たった一人でずっと悩んでいました。

 

結局、他人の心はどうやっても知ることができないことがあるということ。傷つけていないと自分は思っていても、実は私たちは誰かを傷つけているかもしれないということ。あんなに近くにいたあの人の孤独な悲しみに気づくことができなかったということ・・・

自身も自殺を考えたという監督の、その悲しみが映画全体から伝わるような気がしました。

この映画はただの悲しい映画ではありません。

ちゃんと、この監督にしか伝えられないものがあり、鑑賞者自身に多くの問いかけをしてくる作品になっています。

 

ハリウッドの巨匠には作れない、まさにこの監督にしか撮れない素晴らしい映画だと思います。

 

 

これぞオンナの泥沼世界!!沢尻エリカ主演人気ドラマ『ファーストクラス』

ダウンロード (1)

女の世界は恐ろしい。

ファッション業界は特に恐ろしい・・・のでしょうか。

 

現在も、このファーストクラスの第二弾ドラマが放送中です。人気ドラマだったので、続編?が決定したようで。

女同士が、お互いにランク付け(マウンティングというらしい)し合いながら、相手を蹴落とし合いながら、のしあがっていく過酷な世界です。

周りはすべて敵、食うか食われるかの一騎打ちのような(笑)

 

昼ドラを観ているようなハラハラ感なのですが、出演者のみなさんオシャレで美しい人たちばかりなので見ごたえがあります。

沢尻エリカがオシャレで本当にカワイく華があるので、それを見ているだけでも一時間十分観れます。

 

女の世界は、自分が女で女子高出身なのでその怖さなんかはなんとなく分かります。あるある~という雰囲気だったり女子の会話だったり。

いやいや、でもここまで泥沼になるか!?というツッコミを入れたくなるところもありますが、それもまた刺激的で面白い。

 

まだ第一弾を観ていない方はDVDで観てから、さらに女のバトルが激しくなる第二弾をご覧ください★